シラバス参照

講義コード/Subject Code M430104101 
科目ナンバリング/Course Numbering 143F705 
講義名/Name of Subject 数学特別演習Ⅳ(大学院M) 
英文科目名/Name of Subject [English] Advanced Seminar on Mathematics Ⅳ 
担当者名/Instructor

山田 澄生

大鹿 健一

岡本 久

高木 寛通

中島 匠一

中野 伸

中村 周

樋口 雄介

細野 忍

単位/Credits
配当年次/Year of Study M 2年 
副題/Subtitle



授業概要/Course
Description
各学生がそれぞれ担当教員の指導の下で、代数学、幾何学、解析学、応用数学等、担当教員の研究分野における専門的知識の修得を目指す。 数学特別演習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲでの学習をふまえ、専門書や主要論文の講読を行うと共に、各自の研究課題を定めて数学的論理構築のプロセスを実践して演習する。 また、成果をまとめ発表する。 
到達目標/Course
Objectives
数学の各専門分野について、講読や演習課題への取り組みを通して、定義、命題・定理、証明という数学の基本的な論理構成を身に付ける。また、自らの研究課題を定めて実践演習できるようにする。 
授業内容/Schedule
実施回/Week 内容/Contents
第1回 専門分野の数学研究について教員による解説 
第2回 公正な研究活動のための研究倫理の学習、既習専門的知識の確認 
第3回 発表研究課題の決定と関連講読論文の選定 
第4回 論文の講読(1) 講読発表 
第5回 論文の講読(2) 演習課題の提示 
第6回 論文の講読(3) 演習課題への取り組み 
第7回 論文の講読(4) 演習課題の発表 
第8回 論文の講読(5) 教員による解説と関連文献の指示 
第9回 論文の講読(6) 関連文献の講読発表 
第10回 論文の講読(7) 発展的演習課題の提示 
第11回 論文の講読(8) 演習課題の発表と教員による解説 
第12回 研究課題への取り組み 
第13回 研究課題について1次発表と関連論文の指示 
第14回 研究課題と関連論文講読への取り組み 
第15回 研究課題について2次発表と関連論文の指示 
第16回 研究課題と関連論文講読への取り組み 
第17回 研究課題について3次発表と関連論文の指示 
第18回 研究課題と関連論文講読への取り組み 
第19回 研究課題について成果の確認と整理 
第20回 数学的論理構築に関する基礎的手順の確認 
第21回 研究課題を題材にした論理構築演習(1)全体像の設定 
第22回 研究課題を題材にした論理構築演習(2)記述の開始 
第23回 研究課題を題材にした論理構築演習(3)論理の確認発表 
第24回 研究課題を題材にした論理構築演習(4)記述の取りまとめ 
第25回 研究課題を題材にした論理構築演習(5) 論理と記述の確認発表 
第26回 研究課題を題材にした論理構築演習(6) 論理と記述の修正 
第27回 研究課題発表の準備 
第28回 研究課題発表の準備:教員による確認と指示 
第29回 研究課題発表の準備:教員による最終確認 
第30回 研究課題の成果発表 
授業計画コメント/Comments on the Schedule
授業方法/Teaching Method
授業方法(対面授業の場合) / Teaching Method (face-to-face lessons)  
演習 
授業方法(遠隔授業の場合) / Teaching Method (online lessons)  
Zoomによる演習 
使用言語/Language in Class
日本語/Japanese   英語/English     日本語・英語以外/Other Language    
準備学習
(予習・復習)/Class preparation and review
毎回、選定される論文をよく読んで臨むことが求められることは言うまでもないが、他者の論文を自分の視点から理解する姿勢が強く求められる。 
成績評価の
方法・基準/Evaluation
評価項目/Criteria 評価配分(%)/Percentage 備考(対面形式の成績評価が実施できない場合の代替手段等) / Remarks (alternative methods, etc., in case grading and evaluation in face-to-face format not possible)
学期末試験(第1学期)/First Term examination      
学年末試験(第2学期)/Second Term examination      
中間テスト/Mid-term examination      
レポート/Reports      
小テスト/Quizzes      
平常点(出席、クラス参加、グループ作業の成果等)/Particlpation, Attendance, Group Work, etc.   30  % 指示する専門書の講読への取り組み 
その他(備考欄を参照)/Other(see remarks column)   70  % 研究課題演習への取り組みとその発表 
成績評価コメント
各目標にどのような点が評価のポイントになるか、具体的に記入してください。/General Comments on the Evaluation Criteria:  
 
課題等(試験やレポート等)に対するフィードバック/Feedback on Exams or Assignments
授業時間中に担当教員から適宜フィードバックされる。 
教科書/Textbook
教科書コメント/General Comments on the Textbooks
個々の学生に対して各教員から指示する。 
参考文献/Reference
Book
1. 書籍名/Title   シリーズ名/Name of series   著作者/Author  
『数学の最先端—21世紀への挑戦--1〜5巻』     
出版元/Publisher   版/Edition   出版年/Year   ISBN  
スプリンガーフェアラーク東京       
参考文献コメント/General Comments on the Reference Books
その他、担当教員から指示する。 
履修上の注意/A Note on Registration
その他/Other
Information
カリキュラムマップ/Curriculum map
以下URLを参照
https://www.univ.gakushuin.ac.jp/life/curriculummap.html
 


PAGE TOP